小さな家は魅力的

「リビングは大空間にしたい」「寝室をもっと広く」「収納はたくさんほしい」などなど、2回、3回と提案を重ねていくうちに欲望が湧き上がってくる。それを、はいはい聞いていくうちに敷地にめいっぱいの平面計画になってしまうことがしばしばあります。敷地が狭く地価が高い土地ならば、それも致し方ないとは思います。しかし、一般的な宅地の場合はあまりお勧めするものではありません。昨今「小さな家の良さ」が見直されています。その理由をお伝えしようと思います。
大きい家にはデメリットとなる面が多々あります。
まず、敷地一杯に建ててしまって余裕があまりないと、採光や通風に影響します。それは周囲の建物に対しても悪影響です。自分が良ければそれでいい、と利己的なのは良くないはずです。近隣住民、お互いがお互いのためを思う社会のほうが、自分自身の為にもなるものです。現に、敷地にめいっぱい建てた家は、暗くなりがちで風も通らず不健康で不経済です。
 景観的にも、周囲へ圧迫感を与えてしまいます。建物は街並みの一環でもあることを自覚しなくてはいけません。古代ギリシャでは「建築家とは、神に代わって風景を創ることを許された唯一の人」とされていたそうです。現在では建築家以外にも風景を変えてしまうことができてしまいますが、それぞれが「神に代わって」と感じるくらいの責任を持つことができたら古代ギリシャのような美意識の高い、統一感のある美しい街並みができるのかもしれません。
 住宅計画は家族の人数が多い時にはじめることが多いものですが、いずれお子さんは独立、結婚をして巣立っていくことが一般的です。すると使われない部屋が発生します。掃除も滞り、空気もよどみその部屋には使わないモノがたまってきてしまいがちです。そして、その部屋から建物は劣化が進んでいき魅力が減り、ついては空き家と化してしまう。という流れが近年多く見受けられます。
 

そして何より不経済です。イニシャルコストもですが、ランニングコストもです。坪単価60万円だとして一坪削ってその60万円。総二階だと建坪1坪減らせば1階2階で120万円が浮きます。その分で生活の質をあげ快適に過ごすほうがずっと有意義だと感じないでしょうか。

 

では次に、小さな家のメリットを上げていくことにします。
 構造が堅牢になります。(設計次第ですが)小さい家は崩れにくいのはイメージが付きやすいかと思います。狭い箇所に柱も密集しますし、高さを抑えることで安定感が増します。

 

  ランニングコストのあまりかからない快適な空間で外部環境を楽しめます。今の住宅にはシックハウス防止のため、法律で24時間換気扇を設置するのが一般的です。高気密、高断熱を謳っておきながら24時間換気で温熱エネルギーを無駄に放出しているのです。建坪1坪削って浮いたお金で熱を変換できる換気扇に変更すれば省エネにもなります。容積が小さい分、エアコンも効率的になります。外部空間に余裕ができることで、風通し、日当りをよくすることができパッシブ効果も向上します。
 一説によると、快適な住宅に居住することで、四季節を楽しめるようになるといいます。個人差はあると思いますが、「寒い部屋で過ごしていると、雪の風景を楽しむ心境にはなれないよ」と聞くと理解できる気もします。

何より、快適な空間で暮らすと体調が良くなるという、最近の調査報告もあります。ヒートショックはもちろん、お子さんのぜんそくが治ったり、アトピーにも有効と聞きます。高齢化社会をむかえるにあたり快適な住宅にすまうことは必須なのではないでしょうか。

 他にも家族との距離感が近くなりますし、家族が減った時にもさみしくない広さで、掃除などの家全体の日頃の管理もたやすくなります。
  また、外観の印象もスマートになります。庭や周辺環境とのバランスもあるとは思いますが、大きい家のような圧迫感はなくなります。街並みの景観にも貢献できる空間を作りこともできます。
  それでも、「広々とした空間で暮らすのが夢なんだ!」という方もいらっしゃると思います。建坪が小さい家でも広さを演出する工夫はいろいろあります。とお伝えしたい!

 

  ひとつは、抑揚のある空間を演出すること。狭いところから広いところへ移ると、心理的にとても広く感じます。このように家の中に対局となる空間を作るのです。広さだけではありません。高さ、明るさ、などもです。いい建物にはリズムを感じます。

 

 他にも広さを感じさせる工夫に、ヌケ感があります。視線のヌケです。外部環境をどう室内に取り入れるかも設計の腕が試されるところです。

 

 動線を考えることも、狭さを感じさせないためには必要です。回遊できるような設計だと、狭さのストレスも軽減できます。

 

 他にも苦肉の策ではありますが、鏡をつかって広く見せる。壁の色を寒色系にする。などの小技も少々。これは、建築後のDYIでも対応可能ですね。

 

小さな家のメリット、お伝えできたでしょうか?

 

 最近は、ミニマリストの台頭も相まって世界的にもトレーラーハウスやツリーハウスなど、小さい家が注目されています。偏ったミニマリストはいかがなものかとも思いますが、何かを成熟させるためには別の何かを潔くあきらめる必要があると考えます。CUTがあってGETがある。スティーブジョブズも禅の教えから、かなりのミニマリストだったとか。お金持ちの家にはモノが少ないそうです。ドラマの中の金持ちの家はすっきりしているのもうなずけます。

 

 そんなことを考えながら、また、提案を重ねるごとにどんどん大きくなっていく平面図を眺めながら「また無駄が増えてくなー、まるで私の脂肪のようだ・・・」などと感じてしまうのでした。

(かつて建築界で「メタボリズム思想」というものがあっての連想です。)

 

 

ノスタルジックな家具・雑貨店

ブログ

2019.06.11 (火)

 

梅光学院 オープンスクール 

ブログ

2019.06.11 (火)

4月の下関「梅光学園」でのオープンスクールの様子です。

久が大きく張り出す正面玄関

ひし形の角の部分が庇として大きく張り出す、正面玄関。

かたち  かたち  かたち2
外観

デコボコに見えますが実は四角を斜めに4つ配した形をしています。

この形にした理由は、動線を多くとることで出会いの確立を増やすこと。

「外に開く」をコンプセプトにしているので、凹んだところを出入り口にしていること。

一見複雑に見えますが、基本は四角なので施工の点でも有効だったようです。

     新しい試み
     
   学び方改革

開かれた学院にするため外からの出入り口はいくつもあります。

先生たちの部屋はなくなり、代わりにそれぞれのロッカーを配置し、そのロッカーもセミオープンに、紹介カードとともに所有物を飾るように配置されています。

教室の多くはオープンで、通路や階段にもプロジェクターを設置、多くの壁や床はホワイトボードでできているため、どこでも授業ができます。随所に現れるミーティングスペースのようなところでは、先生に個人的な相談もできるように。

     
   ひかり  ひかり
ひかり

小堀さんの設計で特徴的でもある、外の光の取り入れ方の工夫。

今回は(も?)、プログラムの解析(BIM)によって設計された説明がありました。

 新しい試み    新しい試み
 新しい試み  

 

その他

講堂になるような教室でレクチャーがありました。通路がギャラリーにも利用できるようになっていて、通る人との出会いも狙っています。また、こちらも壁はプロジェクターの投影とホワイトボードを兼ねたものとなっています。

食堂は一般の方も利用でき、大学では初めてワインも飲める食堂となっています。どこまでも開かれた大学をめざしています。

教授の所有物は、各個人のセミオープンの棚が用意されていて、そこに名前とともに展示されるような形になっています。知の開放だそうです。

 

今発売の雑誌「新建築」で特集されているそうです。ということでブログにしてみました。

豊かさとは3

ブログ

2019.03.20 (水)

「リビングとソファーの位置関係を考える」

そんな話題を耳にすることがあります。

実際、一般的な家庭ではリビングの主役にTVがおさまっているように感じます。

 

そもそも現在でもそのようなリビングが求められているのでしょうか?

TVが主役だった時代は、とっくに過ぎているとは思いませんか?昔はTVが珍しく、家族はもとより近所の人まで集まっていた時代もあったようです。がしかし、今では家族そろって同じ番組を見る機会は減ってしまっているのではないでしょうか?

趣味嗜好も多様化している現代、見たい番組は様々です。また、TVに代わりユーチューブやSNS、スマホにとほかの媒体も多くTV自体あまり見ない世代も多いはずです。

かつての栄光をそのままにいつまでもTVの前に陣取るのは、高齢世代か、はたまた、へとへとになった脳を癒すべくただだらだらとTVの前で時間をつぶす中高年男性となっている。そんな光景が目に浮かびます。

 

 

では、TVに取って替わって求心力を持っているような家族が集まる場所はどこになるのでしょうか?

私にとってそれは、やはり、ダイニング。

人は生理的に食べなければ生きていけませんし、幸福感にも直結しています。

そのような場所が、心地のいい場所であればなおさら幸福感も高められ、自然に家族も集まるのではないでしょうか?

 

私は食いしん坊なのでダイニングがいいと言いましたが、ほかにも、心地のいいスタディーコーナーや、セカンドリビング、などはどうでしょう。趣味室としてのTV鑑賞の部屋としてみんなでスポーツ鑑賞や映画鑑賞できる部屋があってもいいのかもしれません。

それがリビングになってもいいのかもしれませんが、TVが当たり前のように主役に君臨している状況を考え直す時期に来ていると感じているのです。

 

現代人は多くのストレスにさらされています。知らず知らずに脳はマルチタスクを強いられてへとへとになっているのだそうです。脳は疲れると判断力が鈍り、そして早く寝て脳を休めればいいのについついだらだらとTVやPC、スマホにと時間をつぶしてしまい、また寝不足で脳を回復させないままにマルチタスクに浸る毎日。そんな悪循環に陥っているそうです。

脳がつかれると、感情のコントロール能力も下がります。まさに、多くのメディアに囲まれ生活する中での現代病ともいえるのではないでしょうか?

 

疲れをいやすものに自然があります。緑をめでることでストレスは激減できるそうです。デスクに植物があるだけで、肌荒れが改善するという実験結果もあるほどです。また、視線が抜けて遠くが眺められることも視覚の癒しになるはずです。

家の中にそんな心地がよいところがあれば、ばらばらの趣味趣向をもった個人でも集まる空間になるはず。そう信じています。

 

最後ですが念のため、

私はTVは嫌いではありません。むしろ、好きです。でも見るときは一生懸命見ます。松岡修造さんのように(笑)

住宅医について 再考

住宅医とは?

再度、(もしかして再再度?)説明をしたいと思います。

まずは、住宅医協会のあらましから。(うろ覚えですが。)

前身である岐阜県森林アカデミーより、木造建築物の維持管理について学ぶことの必要性を感じ発足。2010年、建築病理学(建物の病気の研究)の先進国である英国への視察をへて、日本でも普及させるべく2013年に発足しました。

 

日本国内では人口減少などもあり住宅は飽和状態、これからは既存建築物の再生・活用へと政府も舵を切りつつあるなかでの、トップランナー的な存在でもあり、モデル事業に選定されていた時期もありました。

 

早くより切磋琢磨して得た技術や知識を公開・共有し、これまでの反省点より改良を重ねながら多くの建築士に情報を開示し、また最先端の講師陣による教育で「住宅医」を育成してきたのです。

 

と、偉そうにつらつらと述べましたが、私はまだまだ一般会員。残念ながら住宅医には認定されていません。ですが、九州にも多くの仲間ができてきました。そして、困ったときには気さくに相談に応じてくれる講師の先生方がいます。

 

ほんとにほんとに親切に相談に乗っていただけることにびっくりです(笑)

以前のブログより。

http://www.gururi-a.com/blog/109/

 

住宅も人と同じです。検診を受けて悪いところを見つけ、患者さんと治療方針を決めて治療します。また、それらをカルテに記録し以後の健康管理に役立てるのです。人と違う点は価値を高めて、再利用や売買を行うことができることでしょうか。

 

※この筋交いはあまり役に立っていません!の例です。

 

住宅医協会では、「人間ドック」あらため「既存ドック」と称して住宅を検査・改修工事・維持メンテナンスを行っていくようなシステム作りも行っています。

 

せっかくオペ(改修工事)をするのなら、最善をつくすべきだと考えています。

 

※こういうのを見つけるとうれしくなります。

先人たちの生活に思いをはせてしまいますね。

 

昨年は福岡で住宅医スクールが開催されていたこともあり、 いろいろかかわることができました。それもこれも、情報を提供していただける仲間ができたおかげと感謝しています。

  

※これは絵図板といい大工さんが作成するものです。

きっときちんとした大工さんが、工場での手刻みに使用したものでしょう。

 

写真と文章にあまり関連性はないのですが、調査をした時の思い出の写真を載せてみました(笑)

九州の住宅医の活動も盛り上げていけたらと思っています。

 

 長崎にも仲間がほしいなぁ~。

豊かさとは2

小堀哲夫氏の講演を聞いてきました。

現在注目株の若手建築家です。

代表的な建物にROKI Global Innovation Centerがあります。

空調や光を最先端のプログラムを用いて取り入れ方ている方で、

レンゾピアノを彷彿させる建物だな~と感じていましたが、

そこには大切な思いが込められてのことでした。

 

「建築と環境と人間」と題してのお話でした。

建物と人間の間に環境があり、これが大切だと。

環境は、目に見えないものです。虚です。

光や影、風やにおいなど。

空気感、それとも「間」とでもいうのでしょうか?

それを作るのが建築なのだと。

ものを作るより、環境をつくる。

そして、その環境に「人の幸せづくり」もかかわってきます。

その空間を人がどう感じ、どう使用するか?

その会社、そのコミュニティ、その人のために、

どう行動することがいいことなのか、からの発想で環境をつくりあげています。

建物だけではなく、人を巻き込んでいく建築とでもいいましょうか。

開かれることが大切であれば、どんどん人が集まる空間をつくる。

そして、新しいつながりが生まれ、新しいことが始まる。

そんな建物には、とてもおおらかなものも感じました。

 

私は、そこに時間の考えもプラスしたい感じています。

今までの歴史、これからの人の成長、季節の移り変わり、一日の移ろい、

そして、人の移動もです。

 

大きなことを言っているようですが、

根底にあるものは住宅にも共通すると考えています。

お金をかけて作るだけではなく、豊かな住宅を作りたいですね。

 

豊かさとは1

設計事務所に設計を依頼する利点は・・、と考える。

暮らし方から一緒に考え、豊かな空間を実現できること。かな、と

じゃ、豊かな空間とはどんな空間か?をと考えていて、

それは、やはり個人個人で違うのでしょう。

じゃ、豊かさを感じる瞬間は?

きっとそれも人それぞれなのではないでしょうか。

たとえば

私が感じる豊かな瞬間は、

おいしいものを食べているとき、家族や仲間と笑顔で過ごす時間、

緑の香りのするそよ風を感じる瞬間、など

そんなことを想像するだけで幸せになるものです。

 

 

 

お正月は親族の集まりが度々あり、久々ではありましたが

我が家の囲炉裏を使いました。

これも、また、豊さを感じた瞬間でした。

焼きおにぎりの写真を撮るの忘れてた!

 

設計料は高くて余分な出費?

ハウスメーカーや工務店、大工さんに頼めば設計費用がかからなくてお得と思っていませんか?

しかし、

すべての建物に設計料は発生しているのです。

リフォーム工事を除き、建築主は設計士に設計させるよう法律で定められています。表立っていない場合でも料金は発生しているものなのです。

設計事務所に住宅設計を依頼した場合、工事金額を抑える知恵もありますし、工事業者とは違い、第三者の立場から工事の適正価格を判断します。

 

 そして、各個人にあったお金をかけるべきところ(こだわりたいところ)、ローコストにすべきところなどを総合的に判断して計画します。

余分な費用がかかっているようですが、実はそのようなことはないのです。

 

まだまだ他にも設計事務所にたのむ、利点はあります。

まず、失敗や手戻りが減ります。

 要望の聞き取りより詳細なところまで考え法的な部分も考慮して計画しますので計画に手戻りが少なくスムーズに進みます。

また、実施設計を行うことにより、細かいところまで設計図書を作成し、双方が完成像を共有でき、工事中「いざ」となってからの変更や「それは出来ない」ということが少なくなります。

(仕上材料や窓の大きさ、収納の棚の位置、他etc)

そして、 周辺環境、構造面や快適性、コスト面など総合的な観点から設計できます。
 間取りにこだわるあまり、不成形になっている図面をよく見かけます。おそらくは、若手営業マンがお客様の言いなりになっているためだと思われます。(私にも身に覚えはありますが・・・)

 

多少の自由さは必要だと思いますが、あまりにも不成形だと構造的にもコスト的にも不利になってしまいます。

計画中に、その当たりの説明を率直にする必要があると感じております。

 

 

 工事監理を設計事務所に依頼することにより、第三の立場から工事業者と施主との間に立ち設計通り施工されているか、適正に公平な目で工事をチェックします。
 実はこの役割はとても重要です。施工業者からの依頼で監理する場合、「NO!」が言いにくくなりますが、施主依頼の物件の場合は「NO!」を言いやすくなります。監理側と施工側は、「仲良く慣れあわず」が原則であるべきなのです。

実施設計で詳細設計まで行っている場合、設計図書に「抜け」やミスがあった場合は設計者の責任になるので厳しい立ち位置でもありますし、住宅の設計は手間がかかる割に正直あまりもうかりません。それでもやはり、実施設計・工事監理まで行いたいと思うものなのです。悲しい性ですね。

 では、どんな所にお願いすべきなのでしょうか

 

一番はフィーリングが合うところがいいでしょう。

どういう考えを持っている事務所なのか、計画の進め方、料金はいつから発生して概略いくらくらいになるのか、また人としては信用できそうかなど、会ってみて確認することをおすすめします。

「率直に話しやすい」こと「感覚が近い」ことなどが大切なところだと思うからです。

 

 実績にほれ込んでの依頼も大切です。

 

 その場合施主がお伝えすべき点は「主題」と自分達の「生活スタイル」だけにとどめ、間取りはお任せする方が間違いなくいいものが出来上がります。

 

(今まで多くの設計事務所の計画図を描く中での実感です。)

 

多くの設計事務所では初見は無料です。まずはお会いして性格が合わない、また信頼できないようであれば断ることも自由です。

まずは会ってみて、どんな人なのか、料金体制はどうなのか、信頼できそうかなどを判断してみてはいかがでしょうか。

 

 

もちろん、うちの事務所も大歓迎ですし、断ることも自由です。

ただ、少しだけ、ほんのちょっとだけ、へこみます・・(笑)

いい仕事

人は迷うものです。

最近迷っているお客様が多い気がします。情報が多いせいかもしれません。

安い買い物ではないし、まして暮らし方、生き方まで左右しかねない住宅となると、それは迷って当然です。仕方のないことだとも思います。

今や医療でもセカンドオピニオンが重要時代ですから、住宅もそうなのでしょう。

 

「これでいいのでしょうか?」と尋ねられることもあります。

 

正直、設計事務所に住宅を依頼するとローコスト住宅は期待できません。

いや、作ろうと思えば作れますがどこかを犠牲にするのかを正直に申し上げます。こっそりどこかの性能を落とすなどしたくないのです。なので坪単価も高くなりがちです。

地場の大工さんや工務店に依頼すれば、発生することのない設計料も高く感じることでしょう。私だってそう思います(笑)

じゃ、自分で設計できればいいのですが、やってみるとわかりますよ。これがなかなか難しい。間取りをあれこれいじっているうちに、不自然な形になってきたり、意外と難しいのが階段の位置、、そしてトイレを忘れたり(笑)。

機能性重視のローコストなすべて既製品でできたお家もいいのですが、それでは愛着のない家になってしまいます。

何が言いたいかというと、

どうせ高額なお金払うなら、豊かな暮らしができる家に住みませんか?

と言いたいのです。では、何が豊かさなのか?

それは、人それぞれです。

なので大切なのは、最初にコンセプトを決めること。

自分がどう暮らしたいのか、どんな人生を過ごしていきたいのか。です。

同じゴールを目指して協力し合えることが、建築士に依頼するメリットです。

なので、早くて安い家は作を作ることはしたくはないのです。

 

先日、先輩建築士さんがおっしゃってました。

一つの仕事に全員がどれだけ集中できるか、そこでいい建物になるかどうかが決まる。と。

 

発注者、考える側、作る側、が共に一つの方向に集中した仕事はいい仕事になります。

迷っていてはもったいないのです。

 

とそんなことを思う今日この頃です。

 

高性能と豊かさ

 

 「家の作りやうは、夏を旨とすべし」

有名な兼好法師、徒然草の一節です。家は夏向きに作るとよいにつづいて、「冬はなんとでもなるさ」とも。

700年前の昔、着物を何重にも着ていたこともあるのでしょう。

確かに、正月に着る着物は暖かかったと記憶しています。

そんな暖かい着物を脱ぐ場所、それは厠と風呂でした。

 

 家の中で一番寒い場所は北東とされていて鬼門と言われています。

昔、この場所にトイレやお風呂を作ると体調を崩すと言われたことから、忌み嫌われるようになしました。一番寒い場所で、服を脱ぐのでヒートッショックを起こしたものと思われます。心臓発作や脳梗塞ですね。

北東は古来の丑寅の方角で、牛の角と猛獣の虎で鬼を連想させたのだとか。それで「鬼門」と言われたとか。

現在の住宅では、兼好法師の考えはと逆となり(冬を旨とし)、更に鬼門である北東も暖かくなりました。なので、鬼門も恐れるに足らずです。(諸説あるようですが)

 

 「高気密、高断熱の家を!」と言われるようになったのはここ最近です。京都議定書のころは耳馴染みのないフレーズで、まだまだ薄っぺらなグラスウール全盛だったと思います。かろうじてOMソーラー協会などで、パッシブという言葉がささやかれていた記憶があります。

それがここにきて、国の法改正もあり、「高気密、高断熱」の住宅が求められています。メーカー各社も我先にとゼロエネルギー住宅を打ち立ててきました。私も寒いのは大嫌いなので、高気密・高断熱は必要不可欠だと感じています。「高気密、高断熱」の家だからできる、豊かな室内空間もあります。

 

 しかし、あまりに高気密・高断熱を突き詰めすぎるのはいかがなものか?という考えに変わりつつあります。最近特に多いのが、東西の窓を極力少なくしたものです。夏の日射取得率を下げるためです。高断熱になった分、熱を取り入れると逆に蓄熱されてしまい夏の省エネにつながりません。逆に冬には積極的に日差しを取りいてたいのですが、窓は断熱効果が低いため評価は低いのです。

内と外のつながりも大切です。朝日が刺す部屋は魅力的ですし、良好な景色を切り取る絵画のような窓も必要です。夏の日差しには、すだれを垂らすなどの暮らし方の工夫や落葉樹の植樹で対応できますし、外と内をつなげる豊かさも大切にしたいです。

 

 兼好法師はこうも言っています。

「造作は用なき所を作りたる見るも面白く万のようにも立ちてよし」

「無用の用」と言いたいのでしょうか?

(一見、役に立たないと思われるものが、実は大きな役割を果たしている)

老子の言葉では「何かが「有る」という事で利益が得られるのは、「無い」という事が影でその効用を発揮しているからなのだ」ということだそうです。勉強になりますね。

 

私がいいと思うのは「見るも面白く」の部分、つまりデザインの事なのでは?デザインは文化だとどなたかがおっしゃっていました。(不倫ではありません)この時代、見た目も重視されていたのです。つまり文化的だったのです。

 

昨今、快適、省エネを求めるばかりに文化を軽んじてるといいましょうか、心が貧しくなる傾向があるのではと危惧しています。そこで私は、高性能に豊かさを加えることが理想の住まいと考えています。(多少非効率になるかもしれませんが)

 

 

 

余談ですが、兼好法師は最後に「人の定め合ひ侍りし」と言っています。訳すと「ある建築士が言っていた」となるそうです。

なんだ、法師様、自分の考えではなかったのか!という結末です(笑)